電話代行サービスを手掛ける会社の中には、オプション料金を支払わないと、入電後即時連絡のサービスが受けられないところもあります。そのような代行会社の場合、基本のサービス内容では、入電後の即時連絡が受けられず、せっかく連絡をくれたお客さまを待たせてしまうリスクが生じるので、注意する必要があります。

「1か月あたりのコール数が何回に設定されているか?」も、電話代行サービスを選ぶ上で重要な問題となります。例えば、事業規模を拡大し、新規顧客から多数の入電が見込まれる企業であれば、月間コール数が多く設定されているプランを選択するのがおすすめです。また、入電後の即時電話連絡やメール連絡の有無、連絡先として登録可能な顧客数、依頼元のスタッフと、内線電話のように話せる「応答後転送」というサービスへの対応可否も、チェックポイントとなります。

それらの中でも、即時電話連絡・メール連絡が基本的なサービス内容に含まれているプランは、おすすめのものと言えます。また、電話代行サービスを長い期間に亘って手掛けている会社であれば、その豊富な経験に基づいて導き出されたノウハウを活かして、クオリティの高いサービスを提供してくれることでしょう。

Comments are closed.